PR

パナソニック脱毛器ソイエの口コミ&評判|使い続けると本当に生えなくなる?

1992年のキャンペーン&発売以来、現在も進化し続けるパナソニックの家庭用脱毛器。美容メーカー別のランキングでも「ソイエ」シリーズは人気で、口コミを見ても「使い続けるとムダ毛が生えなくなる」「男性の髭にも使えて便利」「脱毛サロン通いが不要になった」などの疑惑めいた喜びのコメントが見られます。

しかし、その一方では「埋没毛が増えて見た目が最悪」「痛すぎて泣いた」などの痛烈な意見もあり、真相が気になるところです。

本記事では、ユーザーのレビューとともに、ソイエに託したパナソニックのこだわりや後悔しない脱毛器選びの心得&使い方を伝授しています。家庭用脱毛器を初めて購入する人や肌へのダメージが心配な人は、ぜひ参考にしてください。

パナソニック脱毛器ソイエの良い口コミ&評判

パナソニック脱毛器ソイエのレビューでは、使用感と使い勝手の良さに満足している人が多く、特に「コードレス&防水加工で入浴中に使用できる」「ムダ毛を抜くときの痛みが少ない」という点が高評価につながっています。

複数の類似品を使用してきたユーザーの中は、肌トラブルを考慮してパナソニック製のソイエに落ち着いたという人も。時短でやさしい脱毛ができることから、家族で共有しているユーザーも多いようです。

他社製品より痛くない

他にもブラウンの昔ながらのコードがついてる脱毛器も使ってるんですが
そっちは痛いし抜いた後赤みが出てましたがこれはほとんど痛くない。

処理が時短になる

産毛やひげの処理に最適です。
最初はチクリとした痛みに抵抗を感じますが、数回の仕様で慣れます。
ピンセットでの毛抜きには多くの時間がかかるので、この商品だと手早く終わります。
また、防水機能があるので、入浴中に使用できる点が高評価です。

清潔に使える

お風呂でも使えて水洗いも出来て清潔に使えて良い。

男性でも使える

男性が使ってもしっかりと抜けてくれます
ブラウンのものよりよく抜けてくれているように感じます
痛みは大して変わらないです

怪我しにくい

Y社製品よりも格段に痛みが少なく、しかも抜き残しも少なくてびっくり。
以前は時々皮膚を挟んで大変なことになっていましたが、ヘッドが動くのとヘッドカバーのおかげで無傷!

口コミ引用元:Amazon.co.jp

パナソニック脱毛器ソイエの悪い口コミ&評判

当然のことながら、パナソニック脱毛器ソイエの使用感に満足できなかったユーザーも少なからずいます。特に「痛みが拷問並み」「薄い毛も濃い毛もどちらも抜けない」「肌トラブルを引き起こす」という声もちらほら見受けられ、良いコメントとは真逆の評判です。

ムダ毛のないスベスベ肌に近づくためには定期的にソイエを使い続ける必要がありますが、身体的&精神的な苦痛を伴うとなると長期的な使用は難しいでしょう。広告の謳い文句に流される前に、以下の辛辣なレビューにも目を通しておきましょう。

泣くほど痛い

男性ですが、スネとVIOに当ててみると凄く痛かったです。
太い毛だと根が強いのか一発で抜けない事があり、拷問に使えそうなほど痛みが強いです。

抜けない

思った通り持ちやすいしライトが薄暗いバスルームでも見やすくて便利なんですけどあまり抜けない!
毛抜きで抜ける程度の長さがあっても掴んでくれない!
細いうぶ毛に至っては全然無意味。

パワーが劣る

ローラーが2つついてますが、パワーが弱いです。
強弱をボタンで切り替えできますが、あまり違いがないです。

カバーが外れやすい

毛抜きのアタッチメントの
カバーがすぐ外れる。

肌ケア必須

痛さは部位によってですが、太ももは痛いです。
抜いた後肌のケアをかなりしっかりしないと、抜いた毛穴に雑菌が入りブツブツだらけになりますので気をつけてください。
私は両太ももに20箇所近いブツブツができてしまいました…

口コミ引用元:Amazon.co.jp

パナソニック脱毛器ソイエの電気代

脱毛器ソイエは、充電式のため使用中の電気代は発生しません。充電中の消費電力はモデルによって6~10Wとなっており、仮に10Wで計算しても1時間あたりの電気代は約0.3円。1回(1時間)の充電で約35分間、連続使用できます。

項目内容
消費電力10W
1時間あたり約0.3円
1ヶ月あたり約9円
1年あたり約108円

脱毛器の使用頻度が1~2週間に1回程度と考えると、上記の電気代よりもさらに安くなりますので電気代を心配する必要はありません。なお、充電時間の電気代は、下記の計算式を用いて算出しました。

10W÷1000×¥31=1時間あたりの電気代
電気料金は、全国家庭電気製品公正取引協議会の「電力料金目安単価」を参考に、1kWhあたり31円(税込)として計算しています。

パナソニック脱毛器ソイエの価格・値段

現在のパナソニック脱毛器ソイエの販売価格は、次のとおりです。

ソイエはモデルによって値段の幅があるものの、家庭用脱毛器にしてはかなり低高価で販売されています。高級脱毛器と比較すると5分の1以下程度で購入できる上、万一、ヘッドのヤスリやシェーバーの替刃など部品を替えることになっても、良心的な価格で買い替えられます。

さらに、ソイエはお風呂の石鹸泡が使えるので専用ジェルやクリームも不要。ランニングコストがかからず本体価格だけの出費だけで済む上、1台で脱毛+角質ケアも担ってくれます。コスパと機能性から判断して「とりあえず手元に一台持っておいて損はないアイテム」と捉えて良さそうです。

パナソニック脱毛器ソイエの機能&効果

パナソニックのロングセラー商品となっている家庭用脱毛器ソイエ。これまでエステサロンでしかできなかった脱毛が手軽に自宅でできるようになり、女性だけではなく男性にとっても画期的で反響が大きかった商品のひとつです。

最新モデルには、5種類のアタッチメント・3種類のスピードモード・コードレス化など便利な機能が搭載されており、美しくありたいと願う多忙な現代人の「必欲品」として今後も愛用されることでしょう。以下、こだわりが詰まったソイエの機能を要チェック。

広範囲を効率よく脱毛

一回の動作で広範囲に効率よく脱毛できるよう、最新モデルのアタッチメントには以下のような工夫が取り入れられています。

項目ソイエ(最新)従来品
ヘッドの広さ+30%±0%
ダブルディスクのツメ枚数60枚48枚

従来品よりも格段にアップした仕様によって、足先など手が届きにくい部位の短いムダ毛がより脱毛しやすくなっています。また、お好みに合わせて以下の3つのモードからスピードが選択可能。効率的にムダ毛を処理したい人は、短時間のスピーディーモードがおすすめです。

  • スピーディー(高速で回転)
  • ノーマル(標準で回転)
  • ソフト(低速で回転)

不器用さんでも使いやすい密着スイングヘッド

ソイエのスウィングヘッドは、従来品と比べて肌への密着度がアップしており、不器用な初心者でも手軽に使える仕様となっています。最新モデルと従来品の稼働範囲差は、以下のとおり。

項目ソイエ(最新)従来品
スウィングヘッドの可動範囲約90°約60°

通常、スウィングヘッドが真横に傾いてしまうと短い毛がしっかり掴めず、何度もヘッドを往復させなければなりませんが、ソイエのヘッドは真横に傾いても肌にぴったり密着するため手間いらず。

最新のスウィングヘッドのツメ先端は、0.5 mmの短い毛にも対応しているので、ムダ毛を抜くためにヘッドと肌を厳密な角度で押し当てなければ!と神経質になる必要もありません。スウィンヘッドを肌の上に置いて、毛の流れに逆らうようにゆっくり滑らせれば、不器用さんも気楽に脱毛できるでしょう。

お肌にやさしい泡脱毛

脱毛器ソイエは泡を使わないドライ脱毛もできますが、石鹸泡と一緒に使うことでより肌にやさしくムダ毛が処理できます。

理容室のシェービングのよくある光景として、ヒゲを剃る前にスチームタオルを肌にのせて蒸らしますよね。温熱というひと手間を加えることで、毛穴が開きやすくなり毛もしっとり柔らかくなることで、肌を痛めることなくシェービングできます。

脱毛器ソイエを使う場合も同じで、お風呂に入ると肌の血流がよくなりムダ毛も柔らかくなります。石鹸泡が毛をやさしく包み、根元からスルっと抜きやすくなるのです。以下の手順方法を参考に、泡脱毛を行ってください。

  1. ディスクをぬらし、ボディソープを1プッシュ(約0.3g)つける
  2. スイッチをONにして泡立てる
  3. 脱毛する
  4. 使用後はスイッチをOFFにする
  5. 泡をシャワーで洗い流す

なお、ボディソープ・石鹸を使う際の留意点もあります。

  • 市販のものでOK
  • スクラブ入りなど粒が入った製品はNG
  • 固形石鹸を使う場合は、泡を直接肌に付ける

ガサガサかかともケアできる角質クリアヘッド

ソイエの新作モデルは、脱毛だけでなくかかとの角質ケアもできて一石二鳥です。微細なセラミック粒子でコーティングしたヤスリが使用されており、カーブ状のヤスリで角質をやさしく除去。手が届きにくい足先にもぴったり密着できる形状になっています。

かかとは、体の重みや靴の摩擦によって日常的にストレスを受ける部位です。ターンオーバーの異常や乾燥によって、角質が厚くなったりヒールダコができることもあるでしょう。そんな時はソイエでお手入れして、ツルツルの足裏を手に入れてください。

場所を選ばないコードレス&防水設計

脱毛器ソイエはコードレスで防水加工が施されており、お風呂や外出先など場所を選ばず使える点も多くのユーザーに支持されているポイントです。さらにヘッド部分が水洗い出来るので、何度使っても衛生的。

ソイエは充電式なので、毎回買い替えたり電池を交換する必要もありません。1回(1時間)の充電で約35分間稼働できるため、充電は1日1回で十分。長く愛用できるサステナブルな美容アイテムと言えるでしょう。

パナソニック脱毛器ソイエのQ&A

ネット上の書込みでは、「脱毛器ソイエを使うと永久脱毛できるかも?」と淡い期待を寄せている人もいるようですが、現実は甘くありません。

ここでは、ソイエに関するQ&Aを確認して、家庭用脱毛器の「できること」と「できないこと」を明確に理解しておきましょう。

使い続けると埋没毛になる?

残念ながら、ソイエを使い続けると埋没毛になることがあります。なぜならソイエは毛を「抜く」タイプの脱毛器なので、毛が途中で切れてしまうことがあるからです。

埋没毛とは、皮膚の下で成長し続け埋もれてしまった毛のこと。肌の表面から黒くブツブツとした点として見え、触った感じもザラっとしています。脱毛器だけでなく毛抜きやカミソリでムダ毛を自己処理する際も同じで、毛が途中で切れやすいので注意しましょう。

埋没毛を予防したいなら、無理やり皮膚や毛を引っ張ったり、皮膚表面を強く刺激するのは禁物。肌ダメージを軽減するためにも「毛を根元からスルッと抜く」がポイントですから、入浴中の石鹸やボディソープを使った泡脱毛が安心です。

生えなくなる?

残念ながら、家庭用脱毛器のソイエでは「永久」脱毛はできません。

ムダ毛を完全になくすということは毛根にある組織を破壊すること。そのような行為は、医療機関でしか行えません。毛根や毛乳頭を破壊して永久脱毛を行う「医療脱毛」と違い、家庭用脱毛器のソイエは、あくまでも毛の量を減らすものと理解しておきましょう。

しかしながら、ネット上では「ソイエを使い続けると毛が生えなくなった」というコメントもあります。毛の1本1本には毛周期があり、個人差があるものの一定のサイクルに合わせて生えたり抜けたりすることから、一時的に「生えなくなった」と感じる人や、定期的に使い続けることで毛量が薄くなり自己処理が楽になったという人は多いようです。

髭には使える?

結論から申し上げると、ソイエは髭にも使えます。

ソイエは本来、女性用ムダ毛処理を目的として販売されたものですが、口コミを見てみると男性の剛毛な髭にも使用している人が複数見られます。とはいえ、肌を傷つけたり炎症などの原因になることから、公式サイトでは顔への使用は推奨されていないことを理解しておきましょう。

以下、パナソニックの商品説明より引用。

次のような部位には使用しない。

  • 傷、湿疹、ほくろ、あざ、いぼ、吹き出物など
  • 顔・外陰部およびその周囲・太もも
  • 日焼けした肌
  • ひじ・ひざや内側など、皮膚のたるみやすい部位

光エステとの違いは?

パナソニックでは、サロンと同じようなムダ毛&美肌へアプローチする光エステ(光脱毛器)も販売。メラニン色素(黒い色)に反応するIPLフラッシュを集中的に照射することで、毛根を減弱させムダ毛の処理と美肌ケアを行うのが光エステの特徴です。

公式サイトでは、顔・VIOなど体の広範囲に使え、メンズの髭にも対応できることが記されています。ただし、日焼けした肌への使用は炎症や痛みの原因になるので要注意。以下、脱毛器ソイエと光エステの主なスペックを比較したものです。

項目脱毛器ソイエ光エステ
価格帯低価格高価格
  • ピンク
  • シルバー
  • ピンク調
  • グレー
  • ゴールド調
  • ホワイト
質量約170g
  • 約350g(照射部のみ)
  • 約850g(フェイス・ボディ用)
消費電力約10W約80W
連続使用可能な時間/回約35分約600回
使用可能な部位【脱毛】

  • ウデ
  • アシ
  • ワキ
  • ビキニライン

【角質ケア】

  • 足裏
  • 足指
  • かかと
【脱毛】

  • ウデ
  • アシ
  • ワキ
  • お腹
  • Vゾーン
  • Iゾーン
  • Oゾーン
モード
  • スピーディー
  • ノーマル
  • ソフト
  • ハイパワー照射モード
  • スピード照射モード
コードレス×
脱毛
除毛×
角質ケア×
防水機能×
海外使用
(AC100~240 V電源対応)

パナソニック脱毛器ソイエは毛の処理の時短につながる

パナソニック脱毛器ソイエは、脱毛サロンに行かずとも、自宅で手軽にムダ毛処理ができる家庭用脱毛器です。信頼性の高いブランド製でありながら、リーズナブルな値段も魅力的。30%大きくなったワイドヘッド・60枚ツメのダブルディスク・コードレス・防水設計のアタッチメントによって、短い時間で簡単にムダ毛が処理できます。

肌ダメージが気になる人や不器用な人にも使いやすいソイエ。コスパや機能性は言うまでもなく、あまり重すぎないものを選ぶのも重要なポイントです。他に気になる脱毛器がある人は、サイトの商品説明や店舗などで、ソイエと比べてどちらが疲労感なく使えそうか?を基準に確認してみてくださいね。