PR

ハイセンス洗濯機の口コミ&評判|脱水できない?壊れやすい?

低価格と高性能が売りのハイセンスの洗濯機は「脱水できない」「うるさい」といった悪評が目立ちます。実際にハイセンスの洗濯機が質の悪い商品化と問われれば、そうではありません。

ハイセンスの洗濯機を実際に利用した方々が述べる良い口コミと悪い口コミを総合的に見ることで、製品の全貌が明らかになります。値段が安いゆえにどうしても気になる口コミが多いハイセンスの洗濯機委ですが、独自の機能を賞賛する意見も多数あるのです。

本記事では、洗濯機を買い替える際に事前に知っておきたい消費電力や電気代も記載。ハイセンスの洗濯機を購入する前の確認として、本記事で製品の正直なレビューや概要をチェックしましょう。

ハイセンス洗濯機の良い口コミ&評判

ハイセンスの洗濯機は、サイズ感と洗濯機能に対する評判が比較的良いです。私生活でハイセンスの洗濯機を使った方々は、以下の点に対して賞賛の口コミを投稿していました。

  • 一人暮らしに有難い大きさ
  • 途中で開閉できるシステム
  • 値段が手ごろ
  • デザイン性
  • 洗剤の自動投入機能

ハイセンスの洗濯機を購入する前に良い口コミを見ておくことで、不安が払拭されるでしょう。

一人暮らしにちょうどいいサイズ

安くて、使いやすいです!
5.5kgは小さすぎるかな〜、と思っていましたが、1人暮らしではちょうど良かったです!

途中でも蓋が開く

この洗濯機で特に気に入った点は、動いてる最中でも蓋を自由に開け閉めできるところ(開けると自動で一時停止し、閉めるとすぐ再開する)。途中で洗濯物の入れ忘れに気付いたとき、今までの洗濯機はボタン押して一旦止めないと蓋が開かなかったが、この洗濯機はボタン操作なしでパッと入れることができる。気に入ってます。

洗剤の自動投入が便利

たくさん洗えてとても使い易い。洗剤、柔軟剤の自動投入機能も便利。

安いうえに使いやすい

安い全自動洗濯機探していたので、初めてハイセンスの洗濯機を購入しました。モードがたくさんあって使いやすいです。

デザインが美しい

ハイアールとてもよいです。洗い過ぎを防ぐためおいそぎで、調整して使用しています。美しいデザインで見た目よくてとても気に入っています。

口コミ引用元:Amazon.co.jp

ハイセンス洗濯機の悪い口コミ&評判

残念ながらハイセンスは壊れやすい上に音がうるさいという、悲しい口コミも終結しています。洗濯機は、毎日使用する家電です。ご家庭によっては日に何度も使用するケースもあるでしょう。

ハイセンスの洗濯機は全自動ではない機種もある上に取扱説明書を隅々まで読む手間が発生。unというエラーコードが表示される脱水エラーも度々起こり、衣服の偏りをいちいち直さなくてはいけません。これから紹介する悪い口コミによるトラブルを防ぐには、細心の注意が必要です。

脱水できない

偏ってないのに偏ってる判定になって一生脱水出来ません。
初めてクレーム入れたくなるくらい使い物になりません。

うるさい

値段が値段なので仕方ないと思うのですが
壊れるんじゃないか?と思うほど脱水に入る時の音がうるさいです。安定して回り始めたら良いのですが、最初は必ずドカンドカンと物凄い音がします。洗濯物の量が多かったのか?と思って少量入れてみたのですが、同じでした。爆発するのか?みたいな音がします。

異常が起きるのが早い

半年使いました。その間タイマーでの洗濯ができていなかったことが3回あった。
最近は洗濯中に異音がすることもある。
2、3年使ってまた新しいものを買おうと思っていたがこの異常は早すぎる。

糸くずフィルターが上手く機能しない

使い始めてスグから 糸くず集めるところに全く溜まっていなくて 洗濯物に付いたりしていました。1ヶ月ほど使用したある日突然糸くずの塊のようなものが一緒に出てきて驚きましたが、メールの問い合わせ先に連絡しましたが返信が来ないので 電話して問い合わせると『修理に行って壊れて居なければ3000円支払ってもらう』と言われました。その時に1度コンセントを抜いて初期化してもらうと調子が良くなることがあると言われやってみたら直りました。

服がよけい汚れる

Tシャツ1枚の水量が最小なのは分かるが、1週間分の洗濯物を放り込んでも水量は最小のランプが点灯する。
バカ洗濯機。

洗濯する前より汚れてる。
白いシャツに埃汚れがついてる。
酷すぎる。

口コミ引用元:Amazon.co.jp

ハイセンス洗濯機の電気代

一般的なヒーター式ドラム洗濯乾燥機の消費電力は洗濯時で115~260Wとなっていますが、ハイセンスの消費電力は360W~460Wとやや高め。以下で、ハイセンスの人気モデルにおける1時間あたりの電気代をまとめました。

モデル消費電力1時間あたりの電気代洗濯時消費電力(WH)
5.5キロタイプ360W約11.1円102WH
7.5キロタイプ430W約13.3円130WH
8キロタイプ365W約11.3円68WH
10キロタイプ400W約12.4円85WH

7キロタイプはラインナップされていませんが7.5キロタイプがあるので、5.5キロでは物足りないけれど8キロは大きすぎるという方には7.5キロタイプがおすすです。

他社の一般的な洗濯機と比較すると電気代はややかさみますが、1時間回しても約11円~13円程度なので過度な負担にはなりません。1時間の洗濯を1日3回しても、電気代は約30円~40円で済みます。

乾燥機能を使うと電気代は増しますが、部屋干しや自然乾燥をすれば電気代の増加を防げるでしょう。一人暮らしで2日おきに1回~2回の洗濯をする方は、ハイセンスの洗濯機のみで一ヶ月330円~490円の電気代が発生。ハイセンスの洗濯機はある程度重量に対する耐性がありパワフルなので、消費電力が高くてもそこまで稼働頻度が多くなければ電気代は平均的な数値で済むでしょう。

電気料金は、全国家庭電気製品公正取引協議会の「電力料金目安単価」を参考に、1kWhあたり31円(税込)として計算しています。

ハイセンス洗濯機の価格・値段

現在のハイセンス洗濯機の販売価格は、次のとおりです。

一般的な洗濯機(5.5キロで一人暮らし向けの製品を想定)の価格は、2万円~十数万円と開きがあります。安い商品も多いですが多くの洗濯機に10万円弱の価格が設定されているので、ハイセンスは比較的安価といえるでしょう。

乾燥機能や洗剤自動投入機能が付いているハイセンスの洗濯機は、とても便利な製品です。利便性の高い製品をリーズナブルに購入できるとなると、懐事情を心配する方にとってはとても有難いでしょう。エディオンなど家電量販店でもハイセンスの洗濯機を取り扱っているので、実際に製品を見たい方は家電量販店に足を運んでください。

ハイセンス洗濯機の機能&効果

洗濯機は場所を取るため、機能性に長けていないと購入後に困るケースが多いです。ハイセンスの洗濯機は高い洗浄力と扱いやすい設計が魅力的。

各モデルで機能性は微妙に異なりますが、ハイセンスの洗濯機に託された素晴らしい能力を知識として頭に入れましょう。

高い洗浄力

ハイセンスの洗濯機には、汚れを根こそぎ落とせる高い洗浄力を搭載したシステムが付帯しています。

機能内容
立体シャワー水流タテヨコの立体的な水流で衣類を洗う
独自形状パルセーター
  • 回転翼で槽内に水流を起こす
  • 衣類の絡まりを抑えて洗浄する
ステンレス槽
  • 凹凸形状のステンレス槽で多様な汚れに対応
  • 槽洗浄と槽乾燥機能で洗濯機の清潔を維持

汚れを徹底して落とすだけでなく、洗濯機の清潔も保ってくれるのです。他社の洗濯機でも洗浄力をアピールする製品が多いですが、ハイセンスなら衣服の絡まりを防いでくれる上に洗濯機を掃除する手間を省いてくれます。

値段以上の価値がある商品だと胸を張って言えるでしょう。高洗浄力は、モデルによって対応可否が異なります。

洗剤の適量を自動で投入

洗濯に必要な量の洗剤を自動で計量して投入してくれるのが、ハイセンスの誇らしい機能。口コミでも洗剤の自動投入に救われたというレビューがありました。

洗剤を入れるタンクは、柔軟剤も液体洗剤もたっぷり1本分入ります。毎回洗剤を計量して入れるのは予想以上に煩わしい行為。洗濯の際に発生する手間をなるべく抑えてくれるハイセンスの洗濯機は、忙しい現代人にとって必要不可欠な家電です。洗剤の自動投入は対応していないモデルがあるので注意してください。

Wi-Fi接続で遠隔操作

Wi-Fiに接続すれば、洗濯機の予約や運転状況の確認を遠隔操作で行えます。外出先でもリモートで洗濯できるので、衣類を槽内に入れておけばいつでも運転開始可能。

Wi-Fiで操作できる項目は、以下を参考にしてください。

  • 外出先から予約・操作
  • 運転状況の確認
  • エラーコードや洗濯終了の通知
  • 洗濯コースの設定
  • 洗剤自動投入設定

冷房やエアコンでWi-Fi操作に対応している商品は多いですが、洗濯機でWi-Fi操作を起用しているものは少ないでしょう。遠隔操作できるモデルを購入した際には、ぜひ上手に活用してください。

モーター自動調節で低騒音

インバーター抑制機能を保有するハイセンスの洗濯機は、洗濯物の量に応じてモータ自動調整を行ってくれます。

モーター自動調節がもたらしてくれる嬉しいメリットを、以下に記載しました。

  • 電力の消費を抑える
  • 振動を抑えて低騒音にしてくれる

早朝や夜間の洗濯でも、音を気にせず使用できます。

取り出しやすいローダウン設計

ハイセンスの洗濯機は前面高さが880mmに設計されており、洗濯物を取り出すときとても便利です。

設計上洗濯物を取り出す際に少し前かがみにならなくてはいけない洗濯機は、比較的多いです。ハイセンスの洗濯機は人間が洗濯物を取り出すときにラクな態勢を考慮しており、負荷のない高さに設計されています。

ハイセンス洗濯機のQ&A

洗濯機を購入する際に製造国や故障頻度が気になるもの。ハイセンスの洗濯機は値段が安い上にほかの製品では見られない機能が付いており、取り扱いが心配な方も多いでしょう。

購入を検討している方々が抱きがちな不安に、以下で回答します。あなたの胸に募るハイセンスの洗濯機に対する疑問を、一つずつ紐解いていきましょう。

壊れやすい?

ハイセンスの洗濯機は、そこまで壊れやすいわけではありません。買ってすぐに故障したというレビューもありますが、故障が頻発する事実はないので安心してください。

もしも故障したら、365日受付対応しているカスタマーセンターに連絡しましょう。

どこの国で製造?

ハイセンスの洗濯機の製造国は、中国です。家電を購入する際は、どこの国で作られた製品なのか気になる方も多いでしょう。

ハイセンスは中国で「全国品質対象」という賞を受賞しています。クオリティはお墨付きなので、国内生産でなくても過度に不安がる必要はありません。

槽洗浄のやり方は?

ハイセンスの洗濯機は、手動槽洗浄だけでなく自動槽洗浄にも対応しています。

槽洗浄の仕組みと詳細を、下記にまとめました。

洗浄方法内容
自動槽洗浄すすぎと脱水の間に約20秒移動で槽を洗浄
手動槽洗浄用途に合わせて3つのコースを用意

  • 5分:洗剤を使わない小規模な槽洗浄
  • 4時間:1ヶ月に1回の定期洗浄向け
  • 12時間:塩素系漂白剤を使った大規模な槽洗浄

~手動槽洗浄の手順~

  1. 水栓を開ける
  2. 電源を入れる
  3. 洗浄コースを選ぶ
  4. スタートボタンを押す
  5. 蓋を閉める

手動槽洗浄は、1~2ヶ月に1回定期的な実施をおすすめします。槽の汚れが落ちにくいときは薄めた中性洗剤を含む柔らかい布で拭きましょう。

ハイセンス洗濯機は自動投入機能で無駄なく洗剤を使える

ハイセンスの洗濯機に洗剤自動投入機能が含まれており、洗剤ロスが発生しません。価格も安いので、一人暮らしを始めて間もない方でも手を出しやすいのがメリット。

洗濯機は様々な商品が発売されていますが、ハイセンスのように多岐に渡りメリットを多く含む製品はそうそうありません。現在購入を検討している方は、本記事で学んだ知識を活かし購入に漕ぎつけましょう。

洗濯機は頻繁に使う家電だからこそ、品質が問われます。ハイセンスの洗濯機は中国でも品質に関する賞を受賞しており、そのクオリティは文句の付け所がないのです。ハイセンスの洗濯機はコスパと機能性を求める方にとって、最適な製品といえます。